<高齢者の9割が貧困化> 「下流老人」に陥る5つのパターンとは?
今、まさに高齢者の貧困化が問題になっています。

『世帯の高齢期への経済的備え』についての内閣府調査で、

・60〜64歳で貯蓄が、「十分だと思う」と答えた人は3.6%、
・「かなり足りないと思う」と答えた人は10倍の35.5%、
だったんですね。

昨年3月時点で、65歳以上の78万6634世帯(受給世帯の約48%)
が生活保護を受給しているが、実際には高齢の受給者は増大して
いるといいます。


生活困窮者支援のNPO法人「ほっとプラス」の代表理事で
社会福祉士の藤田孝典さんの新刊『下流老人』によると、

高齢者が貧困に陥るパターンは、

1.本人の病気や事故により高額な医療費がかかる。
2.高齢者介護施設に入居できない。
3.子どもが引きこもりやワーキングプアで親に寄掛る。
4.熟年離婚。
5.認知症でも周りに頼れる家族がいない。

などで、

また、現状の実例をあげて、

・本人の病気と家族の介護をダブルで抱える人もいれば、
・60歳を過ぎて妻と別れ、途方にくれる男性もいる。

として、

「老後の貧困は、ひとごとではないのです」と述べています。

記事元:http://goo.gl/J6gVvs

最近は、コンビニなどで即席食材を買っている
高齢者の方を目にすると辛くなります(;´∀`)

 
| 国内問題 | 14:46 | comments(0) | - | pookmark |