<< ●少量の尿・血液からがん早期発見。細胞検出の蛍光センサーを開発ー【九州大】 | main | ●ブタ細胞、人に移植容認へ!1型糖尿病の患者が対象ー【厚労省】 >>
●心臓病のリスクは、胴回りのサイズで分かるー【米大学研究】
ところで、心臓病とはどんな病気で、また、
その原因は何かについてご存知でしょうか。



心臓病とは、虚血性心疾患のことで狭心症と
心筋梗塞があり、

その原因は心臓の手前にある、3本の冠状動脈
という血管がせばまって心臓を動かしている、

筋肉(心筋)に血液が、充分に流れなくなるか、
あるいは止まった状態を指します。


心臓病の発症の直接の引き金は動脈硬化です
が心臓病は生活習慣にも原因がある病気です。

いずれにしろ、高血圧や高脂血症、喫煙、糖尿病
肥満などが心臓病発症のリスク因子になります。


将来的に心臓病にかかるかどうかの肥満度を
判定するのに現在は、

BMI(Body Mass Indexi)という指標:
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)が有効と
されています。

ですが今回、米ジョンズ・ホプキンス大学の
医師、ボアズ・ローゼン氏らの研究チームが
将来心臓病になるリスクについて調査研究。

胴回りのサイズが大きい人は、小さい人より
酸素濃度が高い血液を脳などに送り出す左心室
の機能に異常がある場合が多いことが判明。

胴回りのサイズを測れば、心臓病の兆候が、
あるかどうかを判定することが可能で、

しかも、胴回りのサイズを落とせば、心臓病
になるリスクを減らせる可能性があると結論
ずけた研究チームは、

2016年度の米国心臓学会でその調査研究の結果
を発表したんですね。

・・・胴回りがビッグな方!は心臓病のリスクを
避けるため、ダイエットに励みましょうね!


 
| 海外ニュース | 21:06 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする