<< ●【MLB】イチロー、次々と快音3安打!3000安打まで残り29本 | main | ●イチロー、代打で一塁強襲内野安打 日米通算4252安打で最多ローズに「4」 >>
●緑茶の成分、ダウン症患者の認知能力向上に効果-【 スペイン研究】


   ◆仏パリの茶販売店で茶葉を袋に詰める店員◆

ダウン症候群とは、突然変異によって生じる
先天性の疾患で最も一般的な遺伝子疾患です。

世界保健機関(WHO)は、0.1%の確立で、つまり、
1000人中約1人が、このダウン症を発症する、
としています。

ところで、日本人に昔から愛飲されている、
緑茶に含有成分・没食子酸塩エピガロカテキン
が、

今回、ダウン症候群の患者の認知能力を向上
させる効能効果があることが確認されて、

この研究論文が英国の医学専門誌「ランセット
・ニューロロジー」に掲載されたんですね。

この論文の執筆者でスペイン・バルセロナの
研究所のマラ・ディアセン研究員は声明で、

今回の研究結果は「完治」と見なすべきでは
ないけれども、

患者個人の「生活の質」の向上に繋がるツール
になりえるのではないかと述べています。

・・・緑茶にはこんな素晴しい効能効果があったとは??^^

うれしい限りです!!

 
| 海外ニュース | 16:22 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする