<< <高齢者の9割が貧困化> 「下流老人」に陥る5つのパターンとは? | main | <老後は「1人暮らし」が幸せ>家族同居より生活満足!? >>
<第154回の芥川賞・直木賞> 受賞作決まる!
第154回芥川賞・直木賞(平成27年度下半期)の
選考会を日本文学振興会は19日、東京・築地
「新喜楽」で開き、

芥川龍之介賞には、

滝口悠生氏の『死んでいない者』。

本谷有希子氏の『異類婚姻譚』。
との2作品を選出。

滝口悠生氏は1982年東京都生まれの埼玉育ち。
2011年に、「楽器」で『第43回新潮新人賞』
を受賞しデビュー。2度目のノミネートで受賞。

本谷有希子氏は1979年石川県生まれ。
00年より「劇団、本谷有希子」を主宰。
第135回に「生きているだけで、愛。」、
第141回に「あの子の考えることは変」、
第145回に「ぬるい毒」で候補作となり、
4度目のノミネートで念願の受賞となった。


直木三十五賞は、

青山文平氏の『つまをめとらば』。

青山氏は1948年横浜市生まれ。早大第一政経学部卒業。
92年よりフリーライター。同年『俺たちの水晶宮』で
第18回中央公論新人賞を受賞。10年後、創作活動を終了。
2011年に創作を再開し初の時代小説『白樫の樹の下で』
で第18回松本清張賞を受賞。同年、本作を収録した
『白樫の樹の下で』でデビュー。
直木賞は第152回で『鬼はもとより』以来、
2度目のノミネートで受賞を決めた。

記事元:http://goo.gl/k1PJbx

時代小説が大好きなんです。読むのが楽しみです^^

 
| 国内ニュース | 13:24 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする