<路上にいないホームレス> 女性たちの「見えない貧困」
現在、38歳の三上さんは、東京と埼玉でデリヘルを
展開する風俗店「池袋デッドボール」で働いている。

繁華街の片隅にある1DKのマンションでお客から
指名が入るまで待機して1日を過ごしているが、
私用で外出するようなことは皆無だという。

給料は歩合制で客が払う6000円から1万円ほどの料金
から店が仲介料を取った残りが彼女たちの収入になる。

収入は多い日で2万〜3万円だがゼロの日も多いという。


以前スーパーの店員をしていた時、洋服代や遊ぶお金を
消費者金融から毎月借りて、友達にも貸したりする内に

借金が400万円以上にもなってしまい返済できないため、
当時23歳の16年前にスーパーをやめて風俗業界に入った
といいます。

三上さんの話です。
「30代後半になると、20代前半の時のように体力的にも
無理で、限界を感じているものの、

抜けるに抜けられないんです。待機部屋で寝泊まり
しているってことは、住所不定ってことですから、
昼間の仕事に就けないんです。

仕事を探そうにも自宅がなければ取合ってももらえないし、
家を探そうにも保証人もいないので門前払いになってしまう。

夢、ですか? ないですね。あ、でも家賃3万9000円の
アパートを見付けたんですが。そこになんとか入れたら
・・・それが夢かな」

と何とも言えなくなってしまいます。


路上では、「寝ていないから見えづらい」が、
三上さんは、完全な「ホームレス」です。

風俗という“セーフティーネット”が、
彼女らのどん底の人生を覆い隠しているわけですね。
記事元:http://goo.gl/OKan2f

未だ未だ、これからの貴重な人生。
立直る手段は幾らでも有ります!

先ずは、早急に生活保護を受けて、
何としても立ち直ってほしいですね!









 
| 悲しいこと | 16:28 | comments(0) | - | pookmark |